息抜きに、鉄道模型でも

気晴らし程度にぼちぼちと進めていきます。基本的に牛歩

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ワイパーカバーに纏わるエトセトラ

以前から気になっていたのですが、
京急ワイパー01
601編成のワイパーカバー。
お分かりいただけますか?


京急ワイパー02
ワイパーカバーと塗装が一致していないのです
この不一致、後天的な何らかの改造によるものかと思いきや、何と登場時の写真でも確認できます。



ちなみに602編成。
京急ワイパー03
こちらは当然のように一致。






長い間疑問だったので、ファミリーフェスタのついでに三崎口での折り返し時間を利用して調べてみました。
京急ワイパー04


失礼。
京急ワイパー05
黒帯が3cmで、

京急ワイパー06
ワイパーカバー自体は39cmなんですね。てことは白帯は36cm。
案外大きい。



京急ワイパー07
ついでに車内の様子なんかも。いずれは購入に走るでしょうし。

京急ワイパー08
「powerd by SIEMENS」
これ格好良いですよね。




さて、次が来ました。運よく600形。
600形~1000形で寸法差はないと思いますが、一応。
京急ワイパー09


京急ワイパー10
京急ワイパー11


京急ワイパー12
0.2~3cmの差がありますが、これは扉の段差上部についている勾配のための誤差かと思われます。
車番は29~38cmの間に縦9cm。
ちょうど白帯下辺から1cmの位置に車番があるんですね。

京急ワイパー13
ここまで近付いて見ると、案外フリーハンドっぽくて驚きますw


京急ワイパー16
扉の段差部には、先にも言った通り勾配が付いています。
そのため、幅を一定に保つためか黒帯も切れ上がる処理に。



続けて来たのは2100形。ワイパーカバーの天地寸法はやはり同じ。
京急ワイパー19
内側からこのように固定しているんですね。

京急ワイパー20
って、おいー!きちんと嵌ってないですよw


京急ワイパー14
京急ワイパー15
幕回し。

京急ワイパー17
こういう細かなところも。

京急ワイパー18
車内。

京急ワイパー28
2100形の妻扉の外向きって実は金属地のままなんですよね。かなり反射を押さえるように処理されていますが。
普通はこういう車輌こそ化粧板仕上げにするものと思うので意外なところ。


さて、運良くさほど待たずして来ましたよ。
京急ワイパー21
ランボードのないパンタ周辺。

京急ワイパー22
ついでにクーラーも。


京急ワイパー23
疑惑の車輌。


さて、パパッと。
京急ワイパー24

京急ワイパー25







京急ワイパー26
!!
答えが出ましたね。




さらに
京急ワイパー27
先の608編成と比べれば一目瞭然。


601編成は、車番が1cm低く取り付けられており、そのために白帯幅が1cm広いというわけだったようです。
高度経済成長期の車輌ならばともかく、それなりに規格化が進んだはずのこの世代の車輌にこんなアナログな差異があったとは驚きです。
しかし2100形が登場からコロコロ車番位置を変えていたから、それに起因するとは思わなかったなぁ。
ワイパーカバーの塗装変更時や更新時に位置を動かすことはできなかったんしょうかね?


他にも
京急ワイパー29
例の扉側段差の勾配にも差があるようなので、案外奥深い世界なのかも知れませぬ。。。



にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 京成線へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ:鉄道模型 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2014/06/16(月) 00:58:01|
  2. 600形
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

京急ファミリーフェスタ

京急ファミリーフェスタ01
京急ファミリーフェスタ02
京急ファミリーフェスタ03
また更新が空いてしまい、しかも鮮度が0の話題で恐縮ですが。。。
もう2週も前ですが行ってきていました。
年々「赤に白帯」ではない車輌が増えているような…(笑)


京急ファミリーフェスタ04
最近、この辺りの並び、

京急ファミリーフェスタ05
特にこの形式が個人的にアツいので、

京急ファミリーフェスタ06
京急ファミリーフェスタ07
京急ファミリーフェスタ08
GMの1500形の塗り直しを含むディテールアップを割と真剣に検討中です。
(塗装も、帯の幅が…と聞きましたし、ライト位置なんかもきっちり修正したいですしちょうど良いかなと…)

その他の画像に関してはまた追々出していきたいと思いますm(__)m



さて今回の散財。
京急ファミリーフェスタ09
やはり1号関連から。

京急ファミリーフェスタ10
リーズナブルだったので幕なんぞを。
「内容不明・ノークレームノーリターン」なためにリーズナブルな価格設定となっていたのですが、蓋を開けてみればこんな濃~い表示が。
「佐倉」「成田空港方面佐倉」こそ未収録でしたが個人的には大満足。
種別も「(飛)快特」や「(飛)快速」が入っており胸を撫で下ろし。

北総ブースでは
京急ファミリーフェスタ11
思い切っちゃいました
「買わないで後悔より買って後悔」まァ縁でしょう。
職員さんも「良いんですか!!?」と大いに驚かれ、色々おまけまでいただきました(私が購入したのは9000形キットのみなのです)。

京急ファミリーフェスタ12
さぞかし記憶に残ったことでしょう。なぁなぁにはできません。
Twitterのフォロワーさんでも何を血迷ったかこれを購入した方がおられ、図らずも「競作しよう」となりました。
幸い瞬間接着剤での組み立てが可であり、資料以外にも組み立て方などまで記載された詳細な説明書が添付されています。
これをきちんと完成へと持っていってやりたいと思います。


…いつになるかは分かりませんが(苦笑
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 京成線へ
にほんブログ村
  1. 2014/06/08(日) 18:54:38|
  2. 京急
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

大掃除の合間に ~GM京急600形「Keikyu Blue Sky Train」 その1

クリスマスが終わったかと思えばあっと言う間に年の瀬ムードですね
私もいよいよ汚部屋の大掃除に取り掛かり始めました。
最近失くし物が多いのです。やはり整理整頓はきちんとしておかねば…

その作業中、やけに冷えるなーと思っていたら
雪
裏山が薄ら白い…
皆さまもどうか体調を崩されませんように。。。


さて、ちょっとその息抜きに
エアポート快特07
いつの間にか増備されていた(笑)、600形「Keikyu Blue Sky Train」をば。


続きを読む

テーマ:鉄道模型 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2013/12/29(日) 04:02:43|
  2. 600形
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

前面の印象を少しだけ変えてみる ~GM京急600形 増1

東急界隈では大変革の前夜ですね
東京の東出身の人間としては、渋谷・新宿・池袋辺りは正直馴染みも薄いのですが、そんな中で気になっていたのが日比谷線への直通中止。

1号線とほとんど同規格で、同時期に競うように延伸・郊外への直通運転を進めていった2号線。
その両者がちょうど半世紀を経て、こうして対照的な姿を見せているのは何か感慨深いものがあります。

その舞台から退役となる東急1000系も、18m級3扉・8両編成・東洋製のGTO-VVVFと、3700形や600形などと共通点が多く、妙に親近感があります。

まぁこれは転出先の伊賀鉄道で、
東急1000系01
東急1000系02
間近で見せてもらった、というのも大きいのですが。

GMがカッチリとした格好良いものをラインナップしていますし、余裕ができたら1000N系も含めて組み立てたいものです。
…しかしこの世代の車輌がすでに地方へ転出しているというのもまた驚き…


さて、今度は485系の車輪を…
、と行きたいところですが、車輪ばかり見ていて流石に飽きてきたので少しブレイク。

久々に
京急600形136
コイツを弄ります。 続きを読む

テーマ:鉄道模型 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2013/03/16(土) 03:41:42|
  2. 600形
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

新春HM ~雪の残る大師線で

さて、少々間が空いてしまいましたが続きを
…って地味にこの日から10日近く経っているのは内緒w

京急22
また1000(ryで京急川崎を目指します。


川崎で向かいに待ち受けていたものは…



続きを読む

テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2013/01/28(月) 02:08:58|
  2. 京急
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

めずらシイタケ

Author:めずらシイタケ
あれ?何かおいしい駅弁あったよな?
よし、HNはそれで良いや!

…間違えました。あれは「素晴ら椎茸」ですね。。。
こんな感じで、別段考えのあったHNではございませぬ。あしからず。
最近になってこんなHNとしたことを微妙に後悔しつつあったり。。。



三つ子の魂百まで。

関西に来て数年、未だに地元の京成電車やら乗り入れ先の京急線が鉄道趣味の中心にあります。


完成品への色差しやちょっとした改造、キットの組み立てなどが話題の中心になっていくかと思います。
これを見て、「おお、自分もやってみよう!」と思っていただければ幸いです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (14)
京急 (35)
600形 (27)
1500形 (3)
京成電車 (44)
3000形 (1)
3700・3400形 (15)
3500・3600形 (3)
赤電 (15)
AE形・AE100形 (2)
都営 (1)
京阪電車 (45)
6000~10000系 (2)
2600系 (15)
大津線 (23)
京王線 (4)
8000系 (3)
小田急 (1)
ロマンスカー (1)
営団地下鉄 (2)
500形 (2)
大阪市交 (2)
50系 (2)
架空の車両 (2)
鉄コレ凸型 (2)
阪神電車 (4)
富士急 (1)
その他の私鉄 (2)
旅行 (5)
バス (4)
東洋バス (1)
国鉄/JR型 (46)
485系 (16)
683系 (21)
103系 (6)
205系 (1)
6000・7000系 (0)

カウンター

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

にほんブログ村ブログパーツ(β)

RSSリンクの表示

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。