息抜きに、鉄道模型でも

気晴らし程度にぼちぼちと進めていきます。基本的に牛歩

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

パンタグラフの塗装 ~鉄コレ凸型電機 その2

ここ京都では
雪
近くの交差点。

現在雪がえらい勢いで降っています。。。


実は仲間と明日(18日)夜の「日本海」で青森へと発つことになっています。
「日本海」のお名残乗車というわけですが、、、
う~ん、この様子じゃ…

何とか動いてほしいなぁ、、、日本海。







さて、
それを嘆いていても仕方がないのでここからはルーティーン。


以前にも似たような名前の記事を書きましたが、
パンタグラフの基本塗装をしたところで終わっていることに気付きました。
スミマセン(´Д`)

凸型10
未塗装のパンタがまた溜まっていたのでまたもやまとめて塗装。

で、ここから、
凸型11
まずは碍子に色差し。
手持ちの塗料から、「小田急アイボリー」を使用。

また中には、
凸型12
碍子に緑色のグリスを塗布している会社もあります。
こちらは湘南色の下半、「緑2号」に少々白を足したものを。
おそらく「青緑1号」あたりを使用すれば早いかと思います。手持ちにないのでその都度、色を作っています。

…って分かりづらいなこの画像。。。


その後はすり板に色差し。
凸型13
カーボンなら黒を、銅板なら銅色(っぽい色)を差しています。

調べがつくのならその結果に準じますが、不明な場合は最近製造のJRや大手私鉄の車両ならば黒、
少し前の時代(80年代頃まで?)や地方私鉄の車両ならば銅色、というイメージで色を差しています。

大したことはしていませんが、これだけでもグッとおもちゃっぽさが消えますよ。



そして凸型に取り付け。
凸型14
「原型」と「更新機」。
良いですね、なかなか。

BD2012の方は両側ともダミーカプラーだったので、
凸型15
在庫のパーツを使って片側をアーノルドカプラーに。

そして
凸型16
念願の重連となりました!

N化やその他改造などはまた追々。。。



にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村
雪よ、止んでくれ!
スポンサーサイト

テーマ:鉄道模型 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2012/02/18(土) 02:02:24|
  2. 鉄コレ凸型
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

重連用にと ~鉄コレ凸型電機 その1

バイトの帰りがけ、通りがかりの本屋へ寄ったら、
凸型1
こんなものを見つけました。

講談社の週間SLの創刊号です。

ちょっと気になったのが、
凸型2
付録のこれ。

元々鉄コレの凸型電機を探していたのですが、市場からはすでに消え、
中古店などで見かけても最近ではなかなか躊躇われる値札が付けられており、
790円という価格が非常に魅力的に映り、、、半ば衝動買い。

“バッテリー機関車”とのことですが、元が鉄コレ第1弾の凸型なので電機への改造も容易でしょう。

何で電機へと改造するかと言うと、
凸型4
確かプロトタイプは名鉄のデキ101だったかと思います。フリーの車両とするために車番抹消を初めとして一部改造してありますが。

この凸型電機をゴトゴト走らせていて何となく違和感がありまして。
自分の中で、「凸型電機というのは大抵重連」というイメージというか先入観を持っているのに気付きました。
実際はそんなでもないんですけど。

というわけで、この凸型(あ、形式定めてないや)のお供にしたく、電機化の施工です。
凸型3
「里山交通」の“BD2012型”

黒地に金帯が回り、車番プレートや社紋もなかなかまとまっていて好ましい塗装だと思います。
鉄コレ凸型と連結しても大して違和感はないかな?
凸型5
しかし屋根の色が違うだけでかなり印象が軽くなります。

で、パンタが載るべき部分はと言うと、
凸型6
フタが載ってます。

最悪裏側からフタもろともパンタ穴を貫通させれば…と思って、床下を外してみると、
凸型7
ひょっとしてパンタ穴に嵌めてあるだけ…?

ちょっと表からフタを引っ張ってみると、
凸型8
多少接着はされていたものの割とあっさり外れ、パンタ穴が顔を出しました。
ラッキー

ものは試しにと、他の鉄コレ車両のPG16を載せてみました。
凸型9
近代的な銀色のパンタじゃ…と思っていましたが、意外にもよく似合います。
従来車を「原型」とするならこちらは塗装も相まって「更新機」といった雰囲気。

小さな地方私鉄を軸に、良いストーリーが生まれてきそうです(笑)


ひとまずこれで良いかと自分の中で全会一致で決定しましたので、
銀色パンタを積んだこの姿に仕上げてやることにしましょう。


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村
段々と手が広がってきました。。。

テーマ:鉄道模型 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2012/02/17(金) 01:01:08|
  2. 鉄コレ凸型
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

めずらシイタケ

Author:めずらシイタケ
あれ?何かおいしい駅弁あったよな?
よし、HNはそれで良いや!

…間違えました。あれは「素晴ら椎茸」ですね。。。
こんな感じで、別段考えのあったHNではございませぬ。あしからず。
最近になってこんなHNとしたことを微妙に後悔しつつあったり。。。



三つ子の魂百まで。

関西に来て数年、未だに地元の京成電車やら乗り入れ先の京急線が鉄道趣味の中心にあります。


完成品への色差しやちょっとした改造、キットの組み立てなどが話題の中心になっていくかと思います。
これを見て、「おお、自分もやってみよう!」と思っていただければ幸いです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (14)
京急 (35)
600形 (27)
1500形 (3)
京成電車 (44)
3000形 (1)
3700・3400形 (15)
3500・3600形 (3)
赤電 (15)
AE形・AE100形 (2)
都営 (1)
京阪電車 (45)
6000~10000系 (2)
2600系 (15)
大津線 (23)
京王線 (4)
8000系 (3)
小田急 (1)
ロマンスカー (1)
営団地下鉄 (2)
500形 (2)
大阪市交 (2)
50系 (2)
架空の車両 (2)
鉄コレ凸型 (2)
阪神電車 (4)
富士急 (1)
その他の私鉄 (2)
旅行 (5)
バス (4)
東洋バス (1)
国鉄/JR型 (46)
485系 (16)
683系 (21)
103系 (6)
205系 (1)
6000・7000系 (0)

カウンター

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

にほんブログ村ブログパーツ(β)

RSSリンクの表示

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。