息抜きに、鉄道模型でも

気晴らし程度にぼちぼちと進めていきます。基本的に牛歩

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

懐かしい色の電車がやってきた ~マイクロエース京成3200形ファイヤーオレンジ

京成3200形1
ブログ開設から2カ月。ここへ来てようやく地元・京成線の記事がお目見えです(^^;

京成3200形2
先日発売された、マイクロエースの京成3200形ファイヤーオレンジ。
私が幼い頃の京成電車の姿。

当時は子供心にいい色であるとは到底思えず、あまり好きな塗装ではなかったのですが、
今こうしてこの模型やちょうど3300形に施されているリバイバル塗装を見るたびに懐かしく思えるから不思議です。

京成3200形3

京成3200形4
そうそう!こんなだったこんなだった!!

上野方から、3264-3263+3228-3227-3226-3225 という編成。
更新時に4連の3228編成の上野方先頭3228の運転台を撤去の上、そこに3264編成の内の上野方2両を繋げた6連。

3200形がなくなってからもう4年が経つんですね。
ダブルパンタの中間車は3200形6連の大きな特徴だったので今でも印象に残っているのですが、
逆にパンタなしの中間車にすごく違和感。そしてそれが2両連なることにも。

考えてみれば今や「赤電」と呼ばれた車両はすべて4連に統一されてしまいましたものね。

余談ですがこの3264編成、3200形の中では最後まで活躍していた編成です。
もっとも、最晩年は成田方4両を廃車、別編成に繋がっていた3262-3261と再びペアを組んだ4連での活躍でしたけど。

京成3200形5
前面。
左は以前に購入した3290番台の「開運号」。
TNカプラー化や屋上機器の色差しなど色々と手を加えています。追々紹介していきたいと思います。

側面もそうですが、幕部分に白/青の塗装が施されています。
以前の現行色の際には(購入された方のブログなどを見る限り)なかったと思われますので、新たな試みでしょうか。
マイクロの幕部分はヘッドライトなどに比べて光が強すぎる印象なので、これで多少は光量が抑えられるのかな?

京成3200形7
パンタ周り。別体の配管。
左端の開運号のように色差しをしたいですね。

京成3200形8
左からそれぞれ、ユニット間の広幅貫通路、非ユニット間の狭幅貫通路、そして中間車化改造車の妻面。

ひとつ気になったこと。
元からの中間車は角が丸みを帯びているのに対し、先頭車からの改造車は角にエッジが立っており、
丸みのない分吹き寄せ部分を長くして車長を同一にしていたと思いますが、
京成3200形9
(上が元々の中間車、下が先頭車からの改造車)
平妻ではなく、他と同様に三面折妻だったように記憶しているのですが。。。どうだったかな。
重箱の隅つつき。


京成3200形10
台車。
一時期の京成車の特徴、緑がかったグレー「サックスブルー」での成型。
京成の台車といったらこの色でしょ!

…と、気付いた。
京成3200形11
連結器もサックスブルー!
あらら…。これはこれは。

もっともTNカプラーに換装しようと考えていますので問題はありませんが。
ところで京成車の台車/サックスブルー、床下機器/グレーと変わったのはいつ頃なんでしょう?
GMのカタログにあるファイヤーオレンジの車両の作例では台車/グレー、床下機器/黒で再現されています。
ただ、色々検索をかけてみた結果、実車の更新後、少なくとも90年代以降の台車はサックスブルーで間違いなさそうです。
床下機器はVVVF化改造された3294編成がとりあえずグレーだったと判明したのみ。
また、連結器は更新後…どころか車体がグレー基調の現行色へ変わってからもしばらくは黒だった様子。

詳しく調べ出すときりがなさそうです。
ま、床下機器に関してはもう少し調べてみようかと思います。
実際にこれに手を付けるのはまだ先のことでしょうし。


京成3200形6
ステッカー。
これは以前のものと同じかな?

ちょうどこのプロトタイプの頃は北総線が高砂まで、また京急空港線が羽田(現・天空橋)まで開業した頃合です。
京急空港線内の設備の関係で、当初北総~京急の急行系統には6連が充当されていたと聞きますし、
実際に私も京成赤電の千葉ニュータウン中央行きや川崎/羽田行きの記憶があります。
そのステッカーも収録されていたらより面白かったのではないかな、と思ったり。


ともあれ。
京成車集合
初公開。我が家の京成車。
随分と充実してきました。いずれ、紹介したいと思います。

さらにおまけ。
1号線集合
圧巻。
京急600形と2100形は前面ガラスと床板を嵌めてみただけですけれど。

これだけ並ぶと見ていて楽しくなります。


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ:鉄道模型 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2011/11/28(月) 01:27:53|
  2. 赤電
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

めずらシイタケ

Author:めずらシイタケ
あれ?何かおいしい駅弁あったよな?
よし、HNはそれで良いや!

…間違えました。あれは「素晴ら椎茸」ですね。。。
こんな感じで、別段考えのあったHNではございませぬ。あしからず。
最近になってこんなHNとしたことを微妙に後悔しつつあったり。。。



三つ子の魂百まで。

関西に来て数年、未だに地元の京成電車やら乗り入れ先の京急線が鉄道趣味の中心にあります。


完成品への色差しやちょっとした改造、キットの組み立てなどが話題の中心になっていくかと思います。
これを見て、「おお、自分もやってみよう!」と思っていただければ幸いです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (14)
京急 (35)
600形 (27)
1500形 (3)
京成電車 (44)
3000形 (1)
3700・3400形 (15)
3500・3600形 (3)
赤電 (15)
AE形・AE100形 (2)
都営 (1)
京阪電車 (45)
6000~10000系 (2)
2600系 (15)
大津線 (23)
京王線 (4)
8000系 (3)
小田急 (1)
ロマンスカー (1)
営団地下鉄 (2)
500形 (2)
大阪市交 (2)
50系 (2)
架空の車両 (2)
鉄コレ凸型 (2)
阪神電車 (4)
富士急 (1)
その他の私鉄 (2)
旅行 (5)
バス (4)
東洋バス (1)
国鉄/JR型 (46)
485系 (16)
683系 (21)
103系 (6)
205系 (1)
6000・7000系 (0)

カウンター

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

にほんブログ村ブログパーツ(β)

RSSリンクの表示

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。