息抜きに、鉄道模型でも

気晴らし程度にぼちぼちと進めていきます。基本的に牛歩

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

中間連結器を作って、そして… ~GM・プラッツ京阪600形他 その19

ちゃっちゃっちゃーっと床下機器を組み上げた後は、
京阪600形182
台車・車輪も含めてGM35番で塗装。

さて、残るは…

613-614間の連結器をどうするか。
ベルニナ動力はドローバーによっていますが、これは台車マウント。
このプラッツキットでは床板に専用のドローバーパーツを嵌め込むように指定されていて、台車に連結器を取り付けられるようなモールドは付いていません。

しかしながら動力台車はベルニナの本体にレリーフ上にした台車枠を貼り付けただけなので、付随車側さえ何とかしてやればベルニナ付属のドローバーを活かしてやれます。


というわけで、
京阪600形178
ドローバーが嵌り、さらにギリギリ脱着できる太さの丸棒を、角棒から削りだすようにこしらえて(←適当な太さの丸棒がなかっただけ)、

京阪600形179
脱着の際に負けないように床板に貫通させて固定、補強も兼ねてがっちりと
京阪600形180
連結器ホルダーを作ります。

そして床下と同色に塗装。
京阪600形181
このような形で完成と相成りました。
台車の内に入ってしまっていますが、カーブでの支障は見られなかったためこのままで。



…っていい気になって並べていて気付きました。

付 随 車 床 板 の 向 き が 逆 。
迂闊でした。何度も何度も確認したつもりだったのに…




慌てて何を修正するのが一番楽かを考え、結局床下機器を左右で組み替えようという結論に。


しかしながらその途上で流し込み接着剤を盛大にぶちまけ。。。

幸い車両に損害はありませんでしたが、かなり肝を冷やしました。。。




集中力の欠けが感じられたのと部屋中に充満するシンナー臭を追い出すために少々間を空けて取り直し、
京阪600形183
妻面のガラス入れや上下左右方向の床板ストッパーの接着、

京阪600形184
付随車側の先頭窓から車内が思ったよりも見通せてしまっていたのが気になったので適当な仕切りを入れたり、

京阪600形185
ステップの車幅灯をプラ小片から作ったり、
何とか在庫を見つけ出したTOMIXのPG16型パンタグラフを塗装してやったりして、、、










京阪600形161
ようやく竣工と相成りました!長かった~。

京阪600形186
側面から

京阪600形187
連結させて編成で

京阪600形188
京阪600形189
他のノーマル色2編成との同時竣工は叶わなかったので、先輩形式と並びで

京阪600形190
こうして「けいおん電車」は、無事に新京阪くんの下へと嫁いでいきました。

最後に焦って画竜点睛を欠いた感はありますが、忘れかけていた板キットの楽しさを久々に味った気がします。
次は何を作ろうか。


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村  ←ご覧いただきましてありがとうございました。
にほんブログ村 鉄道ブログ 京成線へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ:鉄道模型 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2012/11/19(月) 02:25:02|
  2. 大津線
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0
<<つぎは何を弄ろうか? | ホーム | 床下機器をそれらしく ~GM・プラッツ京阪600形他 その18>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mezurashiitake.blog.fc2.com/tb.php/109-abe9ac23
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめ【中間連結器を作って、】

ちゃっちゃっちゃーっと床下機器を組み上げた後は、台車・車輪も含めてGM35番で塗装。さて、残るは…
  1. 2012/11/22(木) 13:15:00 |
  2. まっとめBLOG速報

プロフィール

めずらシイタケ

Author:めずらシイタケ
あれ?何かおいしい駅弁あったよな?
よし、HNはそれで良いや!

…間違えました。あれは「素晴ら椎茸」ですね。。。
こんな感じで、別段考えのあったHNではございませぬ。あしからず。
最近になってこんなHNとしたことを微妙に後悔しつつあったり。。。



三つ子の魂百まで。

関西に来て数年、未だに地元の京成電車やら乗り入れ先の京急線が鉄道趣味の中心にあります。


完成品への色差しやちょっとした改造、キットの組み立てなどが話題の中心になっていくかと思います。
これを見て、「おお、自分もやってみよう!」と思っていただければ幸いです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (14)
京急 (35)
600形 (27)
1500形 (3)
京成電車 (44)
3000形 (1)
3700・3400形 (15)
3500・3600形 (3)
赤電 (15)
AE形・AE100形 (2)
都営 (1)
京阪電車 (45)
6000~10000系 (2)
2600系 (15)
大津線 (23)
京王線 (4)
8000系 (3)
小田急 (1)
ロマンスカー (1)
営団地下鉄 (2)
500形 (2)
大阪市交 (2)
50系 (2)
架空の車両 (2)
鉄コレ凸型 (2)
阪神電車 (4)
富士急 (1)
その他の私鉄 (2)
旅行 (5)
バス (4)
東洋バス (1)
国鉄/JR型 (46)
485系 (16)
683系 (21)
103系 (6)
205系 (1)

カウンター

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

にほんブログ村ブログパーツ(β)

RSSリンクの表示

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。