息抜きに、鉄道模型でも

気晴らし程度にぼちぼちと進めていきます。基本的に牛歩

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

1000(Ⅱ)形ばかり ~ラッシュ後の品川で

今週初めよりまた関東へ帰っていました。
12月にも帰ったばかりだし~、と少々考えていた一方で、かねてから見てみたいなと狙っていたものを、また正月ならではのものを記録しておきたいという考えもありまして。

夜行バスだと早朝に到着し、それらを回ることにも都合が良さそうだということで、帰省をすることに。

そういうわけで京急詣で。



色々時間を潰して京急品川駅に到着したのは朝の8時半過ぎ。
少し観察を。

京急01
京急02
来る列車行く列車、基本編成も増結編成も1000(Ⅱ)形ばかり。
名実ともに1000(Ⅰ)形の後継ですね。

しかしながらバリエーションが比較的豊富とは言えど、ここまで来られると少々面白みに欠けます。
…って、「来る列車来る列車がどれも1000形」という文字面だけならば2~30年前とほとんど変わらないんですね。
1000(Ⅰ)形が席巻していた頃は同様に疎まれていたことでしょう。
それがひとたび「引退」となれば先の如く熱気が巻き起こるのですから、分からないものです。





観察途中で、3408編成が来ました。
京急08
「(飛)急行」表示は見慣れない分、新鮮です。


…で、海側だけでも…
京急09
京成3400形25

↓3448編成
京成3400形5

形状は同じ…ですかね。



京急03
目的ひとつ目。B快特。
金沢文庫までは「特急」、以北は「快特」という、以前の「通勤快特」出自の列車であるということはご存知の通り。
沿線で普段から利用していない限り、こうした通勤種別は見る機会が少ないのですよ。
…で、やはり1000(Ⅱ)形。本当に増えましたなぁ。

京急04
後ろの増結車はSUS車でした。
そういえば上の都心直通の特急は前に増車、品川止まりのB快特は後ろに増車するんですね。
こうして増結位置を列車によってずらして混雑率を分散させる、というのは理解できるのですが、それぞれその位置を逆にした方がスムーズに運行できるような気がするんですが。
どういう都合なんでしょう?

京急05
まるで共通点の見えない両者。
車体はおろか、走行機器メーカーやその配置・組成すらも大きく異なるのに同形式を名乗っているのが何とも面白いです。

京急06
時間は前後しますがSUS車同士の12連も。

京急06_1
メーカーによって幕板部の帯幅が違うと話には聞いていましたが初めて確認。
手前が川重製(4・6連)、奥側が東急製(8連)の様子です。
東急製は幕板一杯に帯が貼られているわけですね。

GM製品では残念ながらその差異は省略されてしまっているようですが。





…と、1000(Ⅱ)形三昧な品川駅観察でした。
これだけ目にすると、やはり模型でも揃えたくなります。アルミSUSともに。
トンネルのこちら側(私基準)へも頻繁に顔を出していますしね。


さて、この後は青物横丁へと移動します。やっぱり1000(Ⅱ)形で。


続く。





にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村




目に留まったもの
京急07
車番の都合上、文字間隔が揃わないのは仕方がありませんが…、何となーくですが「5」だけずれていたような…。

スポンサーサイト

テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2013/01/20(日) 20:42:36|
  2. 京急
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<12両編成でまいります ~ラッシュ終わりの青物横丁で | ホーム | 実車の画像を ~KATO 683系8000番台「はくたか」 その1(補足)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mezurashiitake.blog.fc2.com/tb.php/122-f5553c8a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

めずらシイタケ

Author:めずらシイタケ
あれ?何かおいしい駅弁あったよな?
よし、HNはそれで良いや!

…間違えました。あれは「素晴ら椎茸」ですね。。。
こんな感じで、別段考えのあったHNではございませぬ。あしからず。
最近になってこんなHNとしたことを微妙に後悔しつつあったり。。。



三つ子の魂百まで。

関西に来て数年、未だに地元の京成電車やら乗り入れ先の京急線が鉄道趣味の中心にあります。


完成品への色差しやちょっとした改造、キットの組み立てなどが話題の中心になっていくかと思います。
これを見て、「おお、自分もやってみよう!」と思っていただければ幸いです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (14)
京急 (35)
600形 (27)
1500形 (3)
京成電車 (44)
3000形 (1)
3700・3400形 (15)
3500・3600形 (3)
赤電 (15)
AE形・AE100形 (2)
都営 (1)
京阪電車 (45)
6000~10000系 (2)
2600系 (15)
大津線 (23)
京王線 (4)
8000系 (3)
小田急 (1)
ロマンスカー (1)
営団地下鉄 (2)
500形 (2)
大阪市交 (2)
50系 (2)
架空の車両 (2)
鉄コレ凸型 (2)
阪神電車 (4)
富士急 (1)
その他の私鉄 (2)
旅行 (5)
バス (4)
東洋バス (1)
国鉄/JR型 (46)
485系 (16)
683系 (21)
103系 (6)
205系 (1)

カウンター

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

にほんブログ村ブログパーツ(β)

RSSリンクの表示

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。