息抜きに、鉄道模型でも

気晴らし程度にぼちぼちと進めていきます。基本的に牛歩

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

12両編成でまいります ~ラッシュ終わりの青物横丁で

前回の続き

京急12
さて、目的その2を捕らえるために、事前に上下列車が被らないだろうと調べておいた青物横丁駅へ。
上り列車を後追いで撮影しようと、ホーム品川よりで待ちます。



すると…




京急13
次の(飛)急行が7268編成…orz 品川で待っておけば良かった。。。

元京成の3316編成と3308編成を繋いだ編成です。
この3316編成というのが変り種で、更新後から95年初めまでの間「クロスシート試作車」として車内レイアウトの試験に供されていた車輌です。
1~2回乗車の記憶がありますが、ロングシートばかりの京成車ですからその車内に非常に驚いた覚えがあります。

比較的長期に渡る試験の後、いつの間にかロングシートに戻っていましたが、今度は座面の試験に供されたようで、その後に3700形3-5次車や3500形更新車で採用されたオレンジ地の一人一人の区分がはっきりした、いわゆる「個別シート」となっていました。
この時点では座席以外の車内見付けはあまり他車と変わりなかったように思いますが、2001年に突如再改造され、運転室仕切り窓の小型化や座席脇のパイプの撤去、独特の形状をした袖仕切りと扉間の座席端(仕切りの裏側)には3700形3-5次車の袖仕切りと同形状の肘置き(モケット有)の設置、そして現在3000形を初めとして広く採用されているラベンダー地のモケットへの変更といった大掛かりな改造が行われ、初乗車時にはその変貌振りに再度驚かされたものです。

なかなか乗車の機会に恵まれないので、記録したくも記録できていない状態で何年も経っています。
旧い車ですからいつ置き変わるとも分からないですし、いい加減に記録をせねば。。。


そういえばマイクロから製品化の予告が出ていますね(リンク先pdf)
7268編成製品化の副産物でしょうが、こんな形態まで完成品で模型化とはねぇ。
知る人ぞ知る…という車輌だったのに。

…正直な話、プレーンな形態のやつを再生産してください。



さて、7268編成の影からは
京急14
1000(Ⅱ)形SUS車+1500形の12連特急が発車。
1000(Ⅱ)形の活躍振りに対して1500形の優等運用はめっきり見なくなりました。
あの地味顔が優等運用に就いて疾走するというギャップが好きだったのに。

京急15
愛嬌のある顔つきのダルマこと800形もまだ頻繁に見ることができます。

京急16
見かけるたびにどこかしらかが変化しているような気がする7300形。
同期の3700形に遅れること十数年。ようやくスカートが設置されました。
当時スカート設置で大化けした3700形を間の当たりにして以来、まだかまだかと待ちわびていた変化です(笑)
この車輌に限ったことではありませんが、車体と地面の間に大きな空間があると、何と言うか落ち着きません。
3600形や2000形にも設置されないかなー…などと妄想することもしばしば。
…どんなデザインが一番車体デザインとマッチするのか分かりませんけど…

京急17
次の上り優等はアルミ車で揃った12連でした。
しかし一時期に比べて異形式(異形態)の併結が減ったように感じます。







そして、





目的その2。






いや、今回の撮影で一番の目的だったと言っても良い列車。










到 着






京急18


「783H」
















京急19

孤高の「12連の成田空港ゆき」



京急の運用の中で「快特」の他にもう一つ、「12連」というのが最上位のステータスのような印象を持っていまして。
その「最上位の形態」が、私の地元(と呼ぶにはちと遠いですが…)を掲出させているなんてアツいじゃないですか!


本当は慣れ親しんだ600形の充当を期待していたのですが、これは再び脚を運ぶチャンスと前向きに捉えておきましょう。
しかし直前に下り回送が来た時には焦った…


783Hを撮ることができて満足した後は、

京急20
6連VVVF化された1500形や

京急21
5300形の押上ゆき特急(今調べたらこれ新逗子始発なんですね)を撮って、次に来た1000(Ⅱ)形の特急(また…)で京急川崎を目指すのでした。



まだ続きます。。。



にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2013/01/22(火) 22:20:54|
  2. 京急
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<新春HM ~雪の残る大師線で | ホーム | 1000(Ⅱ)形ばかり ~ラッシュ後の品川で>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mezurashiitake.blog.fc2.com/tb.php/123-40617f27
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

めずらシイタケ

Author:めずらシイタケ
あれ?何かおいしい駅弁あったよな?
よし、HNはそれで良いや!

…間違えました。あれは「素晴ら椎茸」ですね。。。
こんな感じで、別段考えのあったHNではございませぬ。あしからず。
最近になってこんなHNとしたことを微妙に後悔しつつあったり。。。



三つ子の魂百まで。

関西に来て数年、未だに地元の京成電車やら乗り入れ先の京急線が鉄道趣味の中心にあります。


完成品への色差しやちょっとした改造、キットの組み立てなどが話題の中心になっていくかと思います。
これを見て、「おお、自分もやってみよう!」と思っていただければ幸いです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (14)
京急 (35)
600形 (27)
1500形 (3)
京成電車 (44)
3000形 (1)
3700・3400形 (15)
3500・3600形 (3)
赤電 (15)
AE形・AE100形 (2)
都営 (1)
京阪電車 (45)
6000~10000系 (2)
2600系 (15)
大津線 (23)
京王線 (4)
8000系 (3)
小田急 (1)
ロマンスカー (1)
営団地下鉄 (2)
500形 (2)
大阪市交 (2)
50系 (2)
架空の車両 (2)
鉄コレ凸型 (2)
阪神電車 (4)
富士急 (1)
その他の私鉄 (2)
旅行 (5)
バス (4)
東洋バス (1)
国鉄/JR型 (46)
485系 (16)
683系 (21)
103系 (6)
205系 (1)
6000・7000系 (0)

カウンター

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

にほんブログ村ブログパーツ(β)

RSSリンクの表示

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。