息抜きに、鉄道模型でも

気晴らし程度にぼちぼちと進めていきます。基本的に牛歩

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

床下機器の色差し ~KATO 683系8000番台「はくたか」 その5

「日光・きぬがわ」は切りの良いところまで終えたので、

683系はくたか26

同時進行のコチラへ


いくつか実車の登場直後の写真を見ていて、床下機器の一部は銀色の金属地(ステンレス地?)であることが分かりました。
登場間もないまっさらな時期の形式写真を比較的容易に見つけることができるのは新型車の強みですね。
アップしてくださる方に感謝。


なので、にらめっこしつつ
683系はくたか27
銀を色差し。
「一部」という表現が適当なのか首を捻りたくなるくらい銀色が占めています。
実際にはもう一段、グレーだか金属地の色の種類があるように見えるのですが、あまり判然としないので省略。

683系の他、機器構成の似た521系、直流車の225系や287系などにもこの「銀蓋」は見られるようです。



ただし基本的に参考にしていた4000番台とは少々機器配置が異なるようです。
そういう箇所では適宜アレンジ、また筆塗りで行ったのでムラになるのを避けて幅広の機器などは敢えて省略していたりもします。


しかしグレー基調の中に銀色の色差しなので、埋もれてしまうかと思っていたのですが、案外主張していますね。
元々はプラ地肌一色だったところに色が乗ってきて、段々と表情が出てきたように思います。



にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ:鉄道模型 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2013/03/06(水) 00:22:32|
  2. 683系
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<台車にも ~KATO 683系8000番台「はくたか」 その6 | ホーム | 屋上の仕上げに ~ラウンドハウス485系「日光・きぬがわ」その8>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mezurashiitake.blog.fc2.com/tb.php/139-1ae929c2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

めずらシイタケ

Author:めずらシイタケ
あれ?何かおいしい駅弁あったよな?
よし、HNはそれで良いや!

…間違えました。あれは「素晴ら椎茸」ですね。。。
こんな感じで、別段考えのあったHNではございませぬ。あしからず。
最近になってこんなHNとしたことを微妙に後悔しつつあったり。。。



三つ子の魂百まで。

関西に来て数年、未だに地元の京成電車やら乗り入れ先の京急線が鉄道趣味の中心にあります。


完成品への色差しやちょっとした改造、キットの組み立てなどが話題の中心になっていくかと思います。
これを見て、「おお、自分もやってみよう!」と思っていただければ幸いです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (14)
京急 (35)
600形 (27)
1500形 (3)
京成電車 (44)
3000形 (1)
3700・3400形 (15)
3500・3600形 (3)
赤電 (15)
AE形・AE100形 (2)
都営 (1)
京阪電車 (45)
6000~10000系 (2)
2600系 (15)
大津線 (23)
京王線 (4)
8000系 (3)
小田急 (1)
ロマンスカー (1)
営団地下鉄 (2)
500形 (2)
大阪市交 (2)
50系 (2)
架空の車両 (2)
鉄コレ凸型 (2)
阪神電車 (4)
富士急 (1)
その他の私鉄 (2)
旅行 (5)
バス (4)
東洋バス (1)
国鉄/JR型 (46)
485系 (16)
683系 (21)
103系 (6)
205系 (1)

カウンター

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

にほんブログ村ブログパーツ(β)

RSSリンクの表示

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。