息抜きに、鉄道模型でも

気晴らし程度にぼちぼちと進めていきます。基本的に牛歩

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

京成3600形

十数年前までは京成車の模型(N)と言えばGMの3500形が唯一、あとは京急1000形や阪神からの改造で赤電が作れるというくらいなものでしたが、この数年で随分と充実してきました。

その現行京成車の最後の“穴”とも言えるのが
京成3600形08

この3600形。



先頭がTcで京急線に乗り入れ不可とあり、とかくアクの強めなデザインや優等列車主体の運用にも関わらず地味な印象の強いこの形式ですが、
京成3600形09
京成3600形13
製造メーカーによる工法の差異が顕著だったり、後の8連化でそれがごちゃ混ぜになっていたり、しかも編成によってその組み込み位置が違ったり、

京成3600形12
京成3600形10
初期車(製造時の3628訂正:3618編成まで)とそれ以降でフューズボックスの形状が違ったり、

京成3600形11
パンタグラフ撤去車があったり、

京成3600形05
京成3600形06
京成3600形07
先の記事で触れた通り、何だかステッカーの位置が個性的なのもいたり、

京成3600形05
色違いもいたり、

京成3600形15
有名すぎる珍編成。

京成3600形14
運転台撤去車もいたり、

京成3600形16
しかも当時最新の形式に合わせてVVVFで電装されたのに、補機類は廃車発生品という珍妙っぷりだったり、、、

…と、おそらく細かく見れば1編成1形態くらいありそうな、なかなか楽しい形式だったりもします。
いずれ、編成ごとの特徴をまとめてみたいと思います。



一見3500形と変わらないように見えるので、3500形キットを元にすれば窓の加工だけで比較的簡単に改造できるのでは…、、、とかなり昔に幼馴染がバルクを使って試作をしましたが、何か少し雰囲気が異なります。


京成3600形17
京成3600形18
こちら3600形。

京成3500形09
京成3500形08
こちら3500形。
幕板部のコルゲード数と帯位置、屋根Rの開始位置、雨樋位置と肩部分のシルエットが結構異なるのが原因のようです。

京成3600形19
てかこの辺りの造形が凶悪です。
屋根との境界がそのカーブの途中にあります。
(あ、妻のステップも2形態ありますね。。。)

京成3700形11
この造形、地味に3700形にも引き継がれています。


この辺りをどう改造してやるかがポイントのよう。









と、ここまであーでもこーでも考えてしまうと安易に完成品や半完成キット化されてほしくないなー、などとw
これだけ自前で「資料」を集めてしまった手前(もちろんまだまだ足りないのですが)、こいつだけはたとえ完成品でラインナップされても、意地で「改造」なり「製作」するんじゃないかなと思います。


今更ながらイエロートレインの3600形キットが欲しいよ~、なんて思っていたり。
金属キット製作経験のない私にはかなり高そうなハードルですが。






↓こうしてうだうだ考え調べるのも、鉄道模型の醍醐味だと思うのです。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 京成線へ
にほんブログ村





485系日光57
こちらはちまちまと、ようやく2/3が終了。
(あ、剥がれかけてる…)
文字にするとこれだけと言うのが何とも…
スポンサーサイト

テーマ:鉄道模型 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2013/04/05(金) 03:02:43|
  2. 3500・3600形
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<春の風物詩 | ホーム | 枕カバー~ラウンドハウス485系「日光・きぬがわ」その13>>

コメント

どうもmazta-kです。
3600形は個人的には結構好きな車両です。
乗り心地も悪くないですし、内装が落ち着いているところが好きです。どこかレトロ感があって。
仰る通り優等列車によく充当されますよね。
それゆえ結構乗る機会が多いですね。
ネタ豊富な車両ではありますが、ここまで違いがあるとは知りませんでした。
全部先頭車の編成(編成番号なんでしたっけ...)や、芝山線仕様のやつが来ると個人的にアタリですね(笑)
  1. 2013/04/06(土) 12:26:00 |
  2. URL |
  3. mazta-k(マツタケ) #-
  4. [ 編集 ]

mazta-kくん

大きな一段下降窓や車端部の窓配置なんかは好みですが、私は走行音を聞きながらのかぶり付きができない・そもそも3700・3400形の方が好きだったので、どちらかと言えばハズレでした(笑)
車内といえば車号プレートが妙に低い位置に付いている編成もいたような。3618編成だったかな?

メーカー差・増備過程でのマイナーチェンジといった元からの差異に加えて3600形ももう30年選手ですからね。
というかステッカー位置などのアナログな差異は何かぞんざいな扱いを受けているという印象がw


> 全部先頭車の編成(編成番号なんでしたっけ...)
3668編成ですね。
上野方から、3668-3621-3608-3601-3628-3661という組成。
3608と3601が「サハ」(「クハ」に非ず)になります。


ちなみに私のお気に入りは日車・東急が入り混じり、弱冷車ステッカーの位置が個性的な3638編成です。
  1. 2013/04/08(月) 17:59:46 |
  2. URL |
  3. めずらシイタケ #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mezurashiitake.blog.fc2.com/tb.php/157-adf49efa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

めずらシイタケ

Author:めずらシイタケ
あれ?何かおいしい駅弁あったよな?
よし、HNはそれで良いや!

…間違えました。あれは「素晴ら椎茸」ですね。。。
こんな感じで、別段考えのあったHNではございませぬ。あしからず。
最近になってこんなHNとしたことを微妙に後悔しつつあったり。。。



三つ子の魂百まで。

関西に来て数年、未だに地元の京成電車やら乗り入れ先の京急線が鉄道趣味の中心にあります。


完成品への色差しやちょっとした改造、キットの組み立てなどが話題の中心になっていくかと思います。
これを見て、「おお、自分もやってみよう!」と思っていただければ幸いです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (14)
京急 (35)
600形 (27)
1500形 (3)
京成電車 (44)
3000形 (1)
3700・3400形 (15)
3500・3600形 (3)
赤電 (15)
AE形・AE100形 (2)
都営 (1)
京阪電車 (45)
6000~10000系 (2)
2600系 (15)
大津線 (23)
京王線 (4)
8000系 (3)
小田急 (1)
ロマンスカー (1)
営団地下鉄 (2)
500形 (2)
大阪市交 (2)
50系 (2)
架空の車両 (2)
鉄コレ凸型 (2)
阪神電車 (4)
富士急 (1)
その他の私鉄 (2)
旅行 (5)
バス (4)
東洋バス (1)
国鉄/JR型 (46)
485系 (16)
683系 (21)
103系 (6)
205系 (1)
6000・7000系 (0)

カウンター

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

にほんブログ村ブログパーツ(β)

RSSリンクの表示

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。