息抜きに、鉄道模型でも

気晴らし程度にぼちぼちと進めていきます。基本的に牛歩

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

座席の塗装 ~KATO 683系8000番台「はくたか」 その12

東急5000系ファミリーのバラエティー研究開始?―モデラーな日々 とれいんスタッフブログ
これはなかなか興味深い。
5000系5080系と5050系で車幅が異なるのは知っていましたが、前頭部にも造形差があったことは初めて知りました。
そして「Shibuya Hikarie号」は5050系(4000番台)にして5080系準拠の車体を持つと。

5050系の中にも5000系サハを組み込んだ編成がいたはずですし、確か電装解除車なんかもいた気が。
遍歴をまとめてみるのはなかなか骨が折れそうな反面、楽しそうでもあります。


個人的には都営10-000形も、1度きちんとまとめてみたいと考えているところです。。。



さて、ようやく進んだ683系です

まずはブルーグレーの偶数車から。
ブルーグレーが先である理由は、単に同時進行の京王8000の都合から。優先席をあらかじめ塗り分けておきたかったのです。
683系はくたか58
例によって手持ち塗料から適当な色を。
だいたい青:灰=3:1くらいの割合です。


これを座席に塗っていきますが、塗り面(ヘッドレスト・背面・座面と側面)とその数が多いので大変。
しかも単調な作業ですが、いい加減な作業をしてしまうとこれまた目立つ箇所なので、ムラが出ないよう丁寧に根気良く2~3回塗り重ねました。




683系はくたか59
2両分、終わりっ!
コツコツと進めていきます。






京王8000系29
ロングシートは楽だなぁ…


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村


…よーく記事を見返してみたら、「その10」が2つあったので、こっそり修正w
スポンサーサイト

テーマ:鉄道模型 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2013/04/30(火) 01:40:40|
  2. 683系
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<運転台撤去車に惹かれて ~鉄コレ豊鉄1800系 | ホーム | 床下と床上の塗装 ~GM京王8000系キットのレストア その3>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mezurashiitake.blog.fc2.com/tb.php/167-4b913856
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

めずらシイタケ

Author:めずらシイタケ
あれ?何かおいしい駅弁あったよな?
よし、HNはそれで良いや!

…間違えました。あれは「素晴ら椎茸」ですね。。。
こんな感じで、別段考えのあったHNではございませぬ。あしからず。
最近になってこんなHNとしたことを微妙に後悔しつつあったり。。。



三つ子の魂百まで。

関西に来て数年、未だに地元の京成電車やら乗り入れ先の京急線が鉄道趣味の中心にあります。


完成品への色差しやちょっとした改造、キットの組み立てなどが話題の中心になっていくかと思います。
これを見て、「おお、自分もやってみよう!」と思っていただければ幸いです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (14)
京急 (35)
600形 (27)
1500形 (3)
京成電車 (44)
3000形 (1)
3700・3400形 (15)
3500・3600形 (3)
赤電 (15)
AE形・AE100形 (2)
都営 (1)
京阪電車 (45)
6000~10000系 (2)
2600系 (15)
大津線 (23)
京王線 (4)
8000系 (3)
小田急 (1)
ロマンスカー (1)
営団地下鉄 (2)
500形 (2)
大阪市交 (2)
50系 (2)
架空の車両 (2)
鉄コレ凸型 (2)
阪神電車 (4)
富士急 (1)
その他の私鉄 (2)
旅行 (5)
バス (4)
東洋バス (1)
国鉄/JR型 (46)
485系 (16)
683系 (21)
103系 (6)
205系 (1)

カウンター

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

にほんブログ村ブログパーツ(β)

RSSリンクの表示

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。