息抜きに、鉄道模型でも

気晴らし程度にぼちぼちと進めていきます。基本的に牛歩

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

大きなバス

更新が空いてしまいました。
今は私が多忙なのと梅雨で塗装ができないともあって模型は少々停滞中。

ですが、アクセスを覗くと定期的に来ていただいている方もいらっしゃるわけで、ただ放置プレーも申し訳ないなと。。。




そんなわけで購入の報告ですが。




6月の敗北。。。
アオシマ市バス01

少々毛色を変えまして、アオシマの1/32スケールのバスモデルです。


6月頭から店頭に積み上げられていて気にはなっていたのですよ?

しかしながら手をこまねいている間にどんどん山は小さくなっていき、、、
焦り、そして店員さんや常連さんの一押しもあって結局負け。。。




うん、後悔はない…ハズ!




さて、何だかんだでワクワクなご開帳。
アオシマ市バス02
デカイ…。
そしてすんごいパーツの数です。

アオシマ市バス03
説明書のボリュームもすごい。

アオシマ市バス04
あ、請求欄の商品名がトラックの愛称になってしまっているのはご愛嬌…(^^;


アオシマ市バス05
車体。本当大きい…

アオシマ市バス06
バスコレの同型と比較。
普段弄っているのとこんなに違うんですね。。。

アオシマ市バス11
実車。
気になるところ列挙。
尺はともかく、窓周辺のモールへの黒塗装、側面方向幕の位置・セーフティウィンドウ・黒手摺りの別体化くらいはやりたいかな?


ただしセーフティウィンドウは、、、
アオシマ市バス14
京都市バスの大特徴ではありますが、反面スモークがかかっていたりうまい具合に帯に収まっていてさほど目立たないので、省略もアリといえばアリ。

非公式側。
アオシマ市バス07
ビニールがかかったままなので見づらいですが、最後部の窓が他と同じ天地寸法です。

アオシマ市バス12
市バスエルガはほとんどの車が一段小さなタイプ。これをどうするか。むむむ。。。

アオシマ市バス08
クーラー。
デンソーの大型タイプですね。なかなか好ましいディテールなのでそのまま使いたいのですが、、、

上でいくつかアップしている通り、サーモキング製が大勢。


アオシマ市バス15
あ、この車はデンソーですね。
錦林・洛西の車ならばこれでも良いのですが、如何せん馴染みが薄い。う~ん。。。


アオシマ市バス09
扉。
透明パーツに印刷なんですね。
これに限らずですが大きいので内装も拘ってやりたいところ。

左端のホイールも、確かエラーがあるんでしたっけ?
ま、それはともかくボルトに色差しをしてやりたいですね。



…さて、大きくて弄り甲斐がありそうですが、このままだとクーラーや非公式側最後部窓など、少々馴染みの姿とするには骨が折れそうです。
折角基本塗装はされているのでこれは活かしたいし、パーツのモールド自体は好ましいし、ただこれだけの違いを看過したくはないし、、、



…一応あるんです。
「馴染みの車でデンソークーラーで最後部窓の天地寸法が大きなエルガ」






















アオシマ市バス13


タンク、作っちゃう?



まァまァ塗装が中心となってきそうなのでどの道今しばらくは作業に入れなさそうですし、もっと悩むことにしますw




にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村




パーツのチェックがてらのレビュー(?)だったのですが、、、
アオシマ市バス10
あら?テールランプが2組。。。代わりにウィンカーがない…
ちょっとお店に相談してきます。。。
スポンサーサイト

テーマ:模型・プラモデル - ジャンル:趣味・実用

  1. 2013/06/29(土) 03:29:06|
  2. バス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ちまちま再び ~KATO 683系8000番台「はくたか」 その16 | ホーム | 屋上の塗装が終わる ~GM103系関西形ウグイス色 その4>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mezurashiitake.blog.fc2.com/tb.php/180-61365cd8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

めずらシイタケ

Author:めずらシイタケ
あれ?何かおいしい駅弁あったよな?
よし、HNはそれで良いや!

…間違えました。あれは「素晴ら椎茸」ですね。。。
こんな感じで、別段考えのあったHNではございませぬ。あしからず。
最近になってこんなHNとしたことを微妙に後悔しつつあったり。。。



三つ子の魂百まで。

関西に来て数年、未だに地元の京成電車やら乗り入れ先の京急線が鉄道趣味の中心にあります。


完成品への色差しやちょっとした改造、キットの組み立てなどが話題の中心になっていくかと思います。
これを見て、「おお、自分もやってみよう!」と思っていただければ幸いです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (14)
京急 (35)
600形 (27)
1500形 (3)
京成電車 (44)
3000形 (1)
3700・3400形 (15)
3500・3600形 (3)
赤電 (15)
AE形・AE100形 (2)
都営 (1)
京阪電車 (45)
6000~10000系 (2)
2600系 (15)
大津線 (23)
京王線 (4)
8000系 (3)
小田急 (1)
ロマンスカー (1)
営団地下鉄 (2)
500形 (2)
大阪市交 (2)
50系 (2)
架空の車両 (2)
鉄コレ凸型 (2)
阪神電車 (4)
富士急 (1)
その他の私鉄 (2)
旅行 (5)
バス (4)
東洋バス (1)
国鉄/JR型 (46)
485系 (16)
683系 (21)
103系 (6)
205系 (1)
6000・7000系 (0)

カウンター

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

にほんブログ村ブログパーツ(β)

RSSリンクの表示

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。