息抜きに、鉄道模型でも

気晴らし程度にぼちぼちと進めていきます。基本的に牛歩

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

シングルアームパンタを載せよう ~GM京成3400形 その4

昨日ちょろっとだけ触れた3400形の完成品商品ページを見ていて気付きましたが、基本セットが1・4・5・8号車とこれまでと比べると少々変わった構成。
これはもちろん編成中央に動力を入れるためですが、それでもダブルパンタ車が基本セットに含まれないのは新鮮です。
しかし3700形は8両一括だったはず。この辺の基準がいまいち分かりません。

…と、オプションでステッカーも出るんですね。
これは3700形のライトユニットを流用できる関係で予算ができたのかな?、なんて少々穿った見方をしてみたり。
収録内容はちょっと気になるところではあります。


余談ですが、GM完成品には画竜点睛を欠くような仕様が多々見られる気がします。
京成3150然り、西武6000然り、近鉄2610然り。
それすべて「予算」の都合なんじゃないかと最近考えるようになりました。
新規部品の点数が似ているんですよね。
そんなに躍起になって製品数を増やさなくて良いからちゃんとしたものを、とは思います。
業界・メーカー側の事情をまったく知らないので、そんな簡単なものではないのでしょうけど。




さて屋根と床下の色落としが終わりました。
京成3400形30
ちょっと汚いですね。床下は再度プールへドボンかな?


今回中間M1'にはTOMIXのPT7113-Bを使用します。
中間1基だけがシングルアームという姿がすごく印象に残っていて。
3400形が発売された当初から、購入したらこの仕様!と決めていたくらいに(笑)
このパンタも小田急のLSE現行塗装が発売された時に使えるっ!と思ってストックしていたもの。
今ではGMからも同型が出ているというかこのキットにも封入されていますが、このパンタの方が思い入れもあり形も良いのでコチラを使用します。
京成3400形33
さて、ご覧のようにこのパンタは4本の脚で固定するタイプのもの。

…と言うわけで
京成3400形31
ランナー引き伸ばし線で孔埋め。
引き伸ばし線を作ったのは実は初めてなんですが、結構面白いですね。

京成3400形32
そしてちょん切り。

パンタ脚のピッチを測ります。
京成3400形34
7.5mm(枕木方向)×9.5mm(レール方向)のようです。

けがいてポンチを打って慎重に孔開け。
京成3400形35
0.3mm→0.5mm→0.8と段々に開けていきました。
少々台座の中心からは外れるのですが、あまり目立たないので移設などはせず今回はそのまま。

載せてみました。
京成3400形36
よし、良い感じ!


ついでにランボードも。
京成3400形38
正直、このキット一番のウイークポイントだと思う箇所。

3700形のものを流用する関係で自分で寸法どおりに切り出さなければならない…と、それは別に良いのですが、そのために、
京成3400形39
中途半端な位置に継ぎ目のモールドが来てしまうという。
このままだとみっともないのでパテで埋めておきます。ついでに先のパンタ孔も。

京成3400形40
正直、パンタ横だけでも寸法は少々違えどこちらを充当させてやれば良かったんじゃないかなぁと思ったり。
長さと筋と、どちらの方が気にする人が多いかは明白ですから。
そういえば冒頭の完成品はここはハンドメイドなんだろうか…?

企画者のこだわりが裏目に出てしまったなと感じる所です。。。



さー乾燥を待ちます。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 京成線へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ:鉄道模型 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2013/12/02(月) 02:08:00|
  2. 3700・3400形
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<屋根を塗る ~京成3400形 その5 | ホーム | サックリ完成させよう ~GM京成3400形 その3>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mezurashiitake.blog.fc2.com/tb.php/193-805b9dd8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

めずらシイタケ

Author:めずらシイタケ
あれ?何かおいしい駅弁あったよな?
よし、HNはそれで良いや!

…間違えました。あれは「素晴ら椎茸」ですね。。。
こんな感じで、別段考えのあったHNではございませぬ。あしからず。
最近になってこんなHNとしたことを微妙に後悔しつつあったり。。。



三つ子の魂百まで。

関西に来て数年、未だに地元の京成電車やら乗り入れ先の京急線が鉄道趣味の中心にあります。


完成品への色差しやちょっとした改造、キットの組み立てなどが話題の中心になっていくかと思います。
これを見て、「おお、自分もやってみよう!」と思っていただければ幸いです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (14)
京急 (35)
600形 (27)
1500形 (3)
京成電車 (44)
3000形 (1)
3700・3400形 (15)
3500・3600形 (3)
赤電 (15)
AE形・AE100形 (2)
都営 (1)
京阪電車 (45)
6000~10000系 (2)
2600系 (15)
大津線 (23)
京王線 (4)
8000系 (3)
小田急 (1)
ロマンスカー (1)
営団地下鉄 (2)
500形 (2)
大阪市交 (2)
50系 (2)
架空の車両 (2)
鉄コレ凸型 (2)
阪神電車 (4)
富士急 (1)
その他の私鉄 (2)
旅行 (5)
バス (4)
東洋バス (1)
国鉄/JR型 (46)
485系 (16)
683系 (21)
103系 (6)
205系 (1)
6000・7000系 (0)

カウンター

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

にほんブログ村ブログパーツ(β)

RSSリンクの表示

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。