息抜きに、鉄道模型でも

気晴らし程度にぼちぼちと進めていきます。基本的に牛歩

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

箱にしたい欲求に負ける ~林檎製作所 大阪市交50系 その1

3年が経ちました。
ネットやメディアなどでは盛んに話題として上げられていましたが、自分の周囲では終ぞ話題になりませんでした。
少なくとも私の暮らす近畿圏は早い段階から「日常」に近い状態に戻っており、その日常中で交わされるべき話題かといえば分かりませんが、どうなんでしょうね?
このままあの時の感覚が風化しないようにとだけは気を付けたいと思います。。。




さて3500形は、
京成3500形28
妻板1枚の加工が済みましたが。。。
もう少し、いや大分手を加えたい箇所が。

最初から分かりきっていたことですが、箱組みするまでにはもう少々時間がかかりそう。


大市交50系 01
板を箱にしたい―
と買ってしまいました。

比較的悩まずに作業を進めることができるだろうと、縁も所縁もないこの形式のチョイス。
晩年の千日前線の印象が強いので、その仕様にしたく末期仕様。4連とお手頃ですし。
ちょうど末期仕様の在庫がお店には2次車しかなかったというだけで、特別2次車に拘ったわけではなし。
とりあえず1ユニット2輌だけ。

あとは「最近の設計の板キット」がどんな組み心地なのだろうと思いまして。


で、開けます。
大市交50系 02

大市交50系 05
おお、ワクワク。
車体は思っていたよりも繊細でシャープな造形。
反面、床下機器類はネットなどで得た印象どおり、少々大味な印象。


大市交50系 04
先頭2種。
先頭に立つものだけ「ウィンク」でしたっけ?

大市交50系 03
妻板。
えーっと、、、これはどっちを使えば良いんだ?
幌枠の大きさが異なるようなので、東急8500や阪急2300のように向かい合う妻面での広幅/狭幅の混在はなさそうです。
末期は狭幅で良いのかな?あとは後付の外吊り扉が全車に設置されていたのかどうか。

大市交50系 06
説明書はこのように大変ボリュームがあるものが2枚。
…ですが、ここまで記載するのならば、編成例をいくつか入れておいて欲しかったなーと。
何も考えずに2次車としましたが、果たしてこれが千日前線にいたのかどうか。


検索をしていて何とか見つけました。
5024-5524+5035-5535
5025-5525+5040-5540
5030-5530+5037-5537

太字が2次車。
どうやら平成に入った頃には2次車を含んだ編成はこれだけいたようです。
正直冷や冷やでした。いなかったらどうしようと。
ここは形態差があった方が見た目としても面白いので、1次車と混在している2編成のどちらかにしましょうか。
「1次車末期」仕様が手に入らなければ詰みですけどw


妻面貫通扉に関しては、大阪市交30系のWikipedia
>後期製造車からは全ての車両の貫通路に引き戸が設けられ(同時に貫通路は広幅をやめて一般的な幅になった)、在来車についても暖房設置時に引き戸が外付けで設置された
加えて「全箇所」とありました。
説明書では「片方はドアをくりぬいて外吊扉のレールを削る」とありますがまぁ良いかな。

よし、1輌だけ。
大市交50系 07
ちょっと屋根のゲートが面倒なところにあるなぁ。

大市交50系 08
多少は…と手すりやレンズ別体化の習作に。
手すりはタヴァサの屋上用です。
実は孔開けに失敗して一度埋めています(^^; 難しい…

大市交50系 09
あっという間!
仮組み時に屋根板にバリが見られたのでそれを丁寧に削った以外は、合いも良く気持ちよく組み立てられました。
前面と側面の接着時に、上側のガイドがないので要注意かな。
また方向幕上のアンテナや連結器胴受けもまったくガイドがないので現物合わせ。
アンテナはともかく、胴受けはガイドが欲しかった気もします。

ひとまずディスプレイ仕様のダミーで。Nゲージ化や動力化はいずれ。
台車レリーフははスナップかと思っていましたがそうではなかったので極少量の接着剤を使用して貼り付け。
今気付きましたが、1つのランナーに5000形用の集電板の付いた台車レリーフと5500形の集電板のないそれが2枚(1台車分)ずつ付いているんですね。
何も気にせずに左右で別形状のレリーフを貼っていました。あとで修正します。

床下機器はパーティングラインだけ削って貼り付け。
鉄コレのものを思わせる脚を全部削ってしまったのですが、これは残すのが正解なんですね。
車体と合わせて初めて気付きました。コチラも要修正。

ちょっと「各自研究のこと」が多く、またキット自体もそれ前提としているので、多少取っ付き辛いところはありますが、なかなか合いも良く組んでいて楽しいキットです。
板が箱になる瞬間はやはりいいものです。


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ:鉄道模型 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2014/03/13(木) 03:18:30|
  2. 50系
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<エッチングパーツを貼る ~林檎製作所 大阪市交50系 その2 | ホーム | 同時進行で ~GM京成3500形 その1>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mezurashiitake.blog.fc2.com/tb.php/210-c9d83643
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

めずらシイタケ

Author:めずらシイタケ
あれ?何かおいしい駅弁あったよな?
よし、HNはそれで良いや!

…間違えました。あれは「素晴ら椎茸」ですね。。。
こんな感じで、別段考えのあったHNではございませぬ。あしからず。
最近になってこんなHNとしたことを微妙に後悔しつつあったり。。。



三つ子の魂百まで。

関西に来て数年、未だに地元の京成電車やら乗り入れ先の京急線が鉄道趣味の中心にあります。


完成品への色差しやちょっとした改造、キットの組み立てなどが話題の中心になっていくかと思います。
これを見て、「おお、自分もやってみよう!」と思っていただければ幸いです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (14)
京急 (35)
600形 (27)
1500形 (3)
京成電車 (44)
3000形 (1)
3700・3400形 (15)
3500・3600形 (3)
赤電 (15)
AE形・AE100形 (2)
都営 (1)
京阪電車 (45)
6000~10000系 (2)
2600系 (15)
大津線 (23)
京王線 (4)
8000系 (3)
小田急 (1)
ロマンスカー (1)
営団地下鉄 (2)
500形 (2)
大阪市交 (2)
50系 (2)
架空の車両 (2)
鉄コレ凸型 (2)
阪神電車 (4)
富士急 (1)
その他の私鉄 (2)
旅行 (5)
バス (4)
東洋バス (1)
国鉄/JR型 (46)
485系 (16)
683系 (21)
103系 (6)
205系 (1)
6000・7000系 (0)

カウンター

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

にほんブログ村ブログパーツ(β)

RSSリンクの表示

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。