息抜きに、鉄道模型でも

気晴らし程度にぼちぼちと進めていきます。基本的に牛歩

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

スカートとカプラーのユニット化 ~鉄コレ京阪2000系を2600系に その7

京阪2600系42
こんな状態まで来た2600系。

実は智之助からは、「連結は取り扱いの楽なアーノルドカプラーで」と指定されています。
個人的には彼の所有する2630系も含めて、先頭部はボディーマウントTN、中間運転台部は台車マウントのTNカプラー、
その他の中間連結器はアーノルドカプラーとすれば見た目を犠牲にすることがなく、遊びの幅も広いと思うのですが。

結局説得も空しく(?)先頭部はアーノルドで仕上げることとなったのですが、
ふと鉄コレの台車は「カプラーポケットが容易に着脱できる」という点に気付きました。

今まで台車への言及がなかったのは実はこのためです。

プロトタイプの2628Fは2628がFS337A→KW37(塗装変更と同時に振り替え)、
2828がFS337A→FS339C(同)となっています。

FS337AとFS339CはGM京阪2400系の先頭車・T車が履くFS337E(GMの2400系のページへリンク)が、
KW37は同じくGMのTHタイプ
京急600形128
(左側の京急1500形が履いているもの)
あたりが近似でしょうか?

ちなみに鉄コレ京阪2000系が履いているKS63エコノミカル台車どうやら早期に姿を消しているようです。


ちょっと話が台車の話へ逸れましたね。
2600系を調べていたら妙に台車に詳しくなりました。
それでもその構造・機構に関しては理解していない部分が多く、まだ知ったかぶって話しているところもあります(^^;



話を戻しまして、

それならば連結が必要な時のみアーノルドを装着し、先頭に出る時には逆にダミーカプラーとスカートを取り付ければ、
少なくとも先頭に出る車両の見た目の犠牲は抑えられるぞ、という考えに至り、
容易に着脱が可能なスカート&ダミーカプラーユニットの製作に進んだわけです。
(前々回の記事で、わざわざダミーカプラーを避ける形で加工したのはそのため)


「容易に着脱」という条件ですが、

1. スカートパーツののTNカプラー台座を利用
2. ダミーカプラー胴受けパーツのボスを利用

と2通りの方法がパッと思い浮かびました。


まず1を試してみたのですが、台座パーツが非常に硬い素材で、また寸法に余裕がないので、
着脱を繰り返すうちに割ってしまうだろう、と容易に予想できたので(えぇ、割りました)、

2のダミーカプラー胴受けで全体を床板に固定する方法を採りたいと思います。


というわけで、
京阪2600系46
このような状態のものを、

京阪2600系47
京阪2600系48
まずは胴受けとダミーカプラーを接着固定。
その後でプラ板で覆うようにして、台座と胴受け&ダミーカプラーをがっちり固定。

胴受けの下のみで留めているために、特に上方向の衝撃には弱いかも知れませんが、
接着面積はできるだけ稼ぎましたし、完全に固着すれば耐えうるでしょう(という希望的観測…)。
しかし着脱の際には結構気を使うかも。。。



完全に乾燥するまでしばらく放置です。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ:鉄道模型 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2012/03/06(火) 23:38:14|
  2. 2600系
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<顔ができた…か? ~鉄コレ京阪2000系を2600系に その8 | ホーム | ようやく借りてきた ~鉄コレ京阪2000系を2600系に その6>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mezurashiitake.blog.fc2.com/tb.php/45-c9cd5058
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

めずらシイタケ

Author:めずらシイタケ
あれ?何かおいしい駅弁あったよな?
よし、HNはそれで良いや!

…間違えました。あれは「素晴ら椎茸」ですね。。。
こんな感じで、別段考えのあったHNではございませぬ。あしからず。
最近になってこんなHNとしたことを微妙に後悔しつつあったり。。。



三つ子の魂百まで。

関西に来て数年、未だに地元の京成電車やら乗り入れ先の京急線が鉄道趣味の中心にあります。


完成品への色差しやちょっとした改造、キットの組み立てなどが話題の中心になっていくかと思います。
これを見て、「おお、自分もやってみよう!」と思っていただければ幸いです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (14)
京急 (35)
600形 (27)
1500形 (3)
京成電車 (44)
3000形 (1)
3700・3400形 (15)
3500・3600形 (3)
赤電 (15)
AE形・AE100形 (2)
都営 (1)
京阪電車 (45)
6000~10000系 (2)
2600系 (15)
大津線 (23)
京王線 (4)
8000系 (3)
小田急 (1)
ロマンスカー (1)
営団地下鉄 (2)
500形 (2)
大阪市交 (2)
50系 (2)
架空の車両 (2)
鉄コレ凸型 (2)
阪神電車 (4)
富士急 (1)
その他の私鉄 (2)
旅行 (5)
バス (4)
東洋バス (1)
国鉄/JR型 (46)
485系 (16)
683系 (21)
103系 (6)
205系 (1)

カウンター

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

にほんブログ村ブログパーツ(β)

RSSリンクの表示

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。