息抜きに、鉄道模型でも

気晴らし程度にぼちぼちと進めていきます。基本的に牛歩

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

京成電車が恋しくなって

珍しく記事2アップ。

あまり2600系に進展が見え(ていないように感じていた)ず、
近頃少し「京成」と「未塗装板キット」分がどうにも欠乏中だったので、
京成3294編成1
随分と製作が止まっていたこの車両を引っ張ってきた。

京成3294編成2
更新後の京成赤電の顔だけど、ライト部分には各穴。

京成3294編成4
片開き扉ではあるけれど、ダブルパンタの中間車。。。


そう、冷改・更新とともに京成におけるVVVF制御の試作車となった、3200形3294編成です。
この異端振りに惹かれるものがあり、引退直前になって製作を決め、急いで資料集めに追い掛け回しました。

当時は今ほど京成車が充実していませんでしたので、当然のように京急1000形キットからの改造。

妻面の改造をしたり、
京成3294編成3
(左から、京急1000形妻面オリジナル、ユニット間の広幅貫通路、非ユニット間の狭幅貫通路)

窓枠の角の丸みを落としたり扉窓を縮小したり、
京成3294編成5
(上が京急1000形オリジナル、下が改造後)

少しでも京成車に似せようと努力しました。

おそらく作業量は600形といい勝負。その上でまだまだ加工箇所は残っています。
そのために嫌になって放置プレイをかましていたのですが。

何となくプラ工作をしたくなったのと、この地味ながらも非常に掛かった手間を無に帰すのももったいなく、
少しだけ作業を進めてみます。

妻面の雨樋を削ってしまっていたので、
京成3294編成6
0.3mmプラ板を細切りにしたものを接着。

京成3294編成7
×8箇所。

固着した後で、もう少々、形状を弄ります。



にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村     ←仕掛が増える。。。
スポンサーサイト

テーマ:鉄道模型 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2012/04/19(木) 01:53:48|
  2. 赤電
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<続々増備の京成電車 ~マイクロエース京成3300形 | ホーム | 屋根の仕上げが進まない ~鉄コレ京阪2000系を2600系に その13>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mezurashiitake.blog.fc2.com/tb.php/56-137c266d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

めずらシイタケ

Author:めずらシイタケ
あれ?何かおいしい駅弁あったよな?
よし、HNはそれで良いや!

…間違えました。あれは「素晴ら椎茸」ですね。。。
こんな感じで、別段考えのあったHNではございませぬ。あしからず。
最近になってこんなHNとしたことを微妙に後悔しつつあったり。。。



三つ子の魂百まで。

関西に来て数年、未だに地元の京成電車やら乗り入れ先の京急線が鉄道趣味の中心にあります。


完成品への色差しやちょっとした改造、キットの組み立てなどが話題の中心になっていくかと思います。
これを見て、「おお、自分もやってみよう!」と思っていただければ幸いです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (14)
京急 (35)
600形 (27)
1500形 (3)
京成電車 (44)
3000形 (1)
3700・3400形 (15)
3500・3600形 (3)
赤電 (15)
AE形・AE100形 (2)
都営 (1)
京阪電車 (45)
6000~10000系 (2)
2600系 (15)
大津線 (23)
京王線 (4)
8000系 (3)
小田急 (1)
ロマンスカー (1)
営団地下鉄 (2)
500形 (2)
大阪市交 (2)
50系 (2)
架空の車両 (2)
鉄コレ凸型 (2)
阪神電車 (4)
富士急 (1)
その他の私鉄 (2)
旅行 (5)
バス (4)
東洋バス (1)
国鉄/JR型 (46)
485系 (16)
683系 (21)
103系 (6)
205系 (1)

カウンター

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

にほんブログ村ブログパーツ(β)

RSSリンクの表示

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。