息抜きに、鉄道模型でも

気晴らし程度にぼちぼちと進めていきます。基本的に牛歩

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

TNカプラーを取り付ける ~マイクロエース京成3200・3300形 その7

昨日触れた連結器の色に関して、古いアルバムを漁っていたら1枚だけ見つけました

京成3600形1
96年の12月23日とあります。場所は曳舟駅。ネガをスキャンではなく単にデジカメで撮っただけなので画質はご容赦くださいm(_ _)m
まだ6連の時代です。

一応比較に最近の画像も。
京成3600形2
明らかに連結器と胴受けの色が異なるのは見て取れるかと思います。
…最近までまったく気付きませんでしたが…


それで、3200形と3300形は、、、
京成3300形59
過去に3298編成のTN化をした際にはこのように干渉する部分をひたすら削って取り付けました。
今回も基本的にはこれに倣いますが、もう少しきれいに仕上げたいところ。。。


で、
京成3300形54
左の蜜連JC25や真ん中の元パーツの形状ならば嵌るわけなので、これらに合わせてカットします。

京成3300形60
ばちょん

京成3300形61
ばちょん

…特に何の断りもなく蓋と受けに分解していますが、これは4箇所のツメによって留められているので、これらを細いピンセットなどを使って内側へずらしてやると簡単に外れます。


ひとまず
京成3300形62
京成3300形63
嵌るだけは嵌りました。思いっきり台車に干渉していますが。


いったん3300形は棚に上げて3200形の方へ
京成3300形64
ディティールが異なるのを承知でこちらだけキハ40用にしたのは、単純にSP仕様のTNカプラーがどういう構造をしているのかという個人的な興味とその時の購入店舗の在庫の関係から。
本当はキハ58用の黒のSP仕様が良かったんですけどね…

で、こちらも同様にカットします。

京成3300形65
カットしていたらいきなり分解しました。
そうそう簡単に外れるものとも思わなかったのでびっくり。

…お尻のバネを固定している突起のみで蓋と受けを留めているのかな…?
って、旧来の線バネ使用とは違ってジャンパ栓モールドが蓋側にある…。

あ、
京成3300形61
↑コチラを「蓋」と呼んでいます、一応。。。

グレーの線バネ仕様はジャンパ栓が受け側にモールドされていたので
京成3300形62
このようにジャンパ栓とボディの干渉はありませんでしたが、ボディ内側に入り込む蓋側にモールドされているとなると干渉は必至。
ジャンパ栓モールドを諦めて撤去するか、それが嫌ならば、、、


京成3300形66
京成3300形67
ボディを削るしかないわけです。。。


どこをどのように削っているかはお分かりいただけようかと思います。
左側が加工後です。。。
…窓ガラスにしろ貫通扉にしろまったく外れてくれず、そのままでカッターやらヤスリやら入れなきゃいけなくて神経を使った…

京成3300形68
京成3300形69
何とかこのような形で収まってくれました。
SP仕様だとカプラー基部以外は干渉しないというのはうれしい発見。

ただし、
京成3300形70
線バネ仕様に比べるとまだ若干奥まった位置になるため、連結して走行をさせようとするなら、

京成3300形71
渡り板との兼ね合いもありますしもう一考せねばならないかも知れません。。。


3300形のグレーの線バネ仕様に戻ります

SP仕様と同様の形状にすれば干渉しない、と分かりましたので、結構大胆にザクザク。
「4箇所のツメで蓋と受けを留めている」と書きましたが、誤って尻側のツメをカットしてしまった際に、前側2箇所のみでも十分実用に耐えると判明しましたので、以後は思い切ってそちらもカット。

あてがいながらカットを繰り返し、結局
京成3300形72
これだけ小さくなりました

あとは
京成3300形74
残る干渉部分、台車のカプラー基部を
京成3300形75
ばっさり


TNカプラーを両面テープで貼りつけてやれば完了です。


…3298編成のものもこれを機に再加工しましたので、計6両分加工したわけですが、1つだけ
京成3300形76
バッサリやりすぎてしまったのは内緒。。。
KATOのボディマウントカプラーくらいまで小さくなってしまいましたが、これでもきちんと連結器として機能するんですね…
復心バネがないので連結器はあさっての方向を向いたままですが…

ともあれ、
京成3300形77
6両完了!
元のままよりはかなり締まったんじゃないかと自画自賛。色入れなどはまたいずれ。

京成3300形79
京成3300形78
京成3300形80
京成3300形81
やはりファイヤーオレンジ同士だと渡り板が厳しそうですが、これもいずれ。
屋上や床下の塗装、3225の床下機器の是正、果ては3300形と3200形の屋上配管をごっそり入れ替えて…なんてやりたいことや妄想は尽きませんが、ここで一旦区切りとします。


↓ブログ村へどうぞ
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 京成線へ
にほんブログ村




・オマケ
京成3400形23
地上時代、それも空がまだ見える船橋駅、日中の大和田ゆき、そして6連の3400形。
Wikipediaによれば、99年の一時のようです。
スポンサーサイト

テーマ:鉄道模型 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2012/10/06(土) 03:05:38|
  2. 赤電
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<一区切り…とは言ったものの… ~マイクロエース京成3200形・3300形 その8 | ホーム | TNカプラーを取り付けたい ~マイクロエース京成3200・3300形 その6>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mezurashiitake.blog.fc2.com/tb.php/81-cc2cdd4d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

めずらシイタケ

Author:めずらシイタケ
あれ?何かおいしい駅弁あったよな?
よし、HNはそれで良いや!

…間違えました。あれは「素晴ら椎茸」ですね。。。
こんな感じで、別段考えのあったHNではございませぬ。あしからず。
最近になってこんなHNとしたことを微妙に後悔しつつあったり。。。



三つ子の魂百まで。

関西に来て数年、未だに地元の京成電車やら乗り入れ先の京急線が鉄道趣味の中心にあります。


完成品への色差しやちょっとした改造、キットの組み立てなどが話題の中心になっていくかと思います。
これを見て、「おお、自分もやってみよう!」と思っていただければ幸いです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (14)
京急 (35)
600形 (27)
1500形 (3)
京成電車 (44)
3000形 (1)
3700・3400形 (15)
3500・3600形 (3)
赤電 (15)
AE形・AE100形 (2)
都営 (1)
京阪電車 (45)
6000~10000系 (2)
2600系 (15)
大津線 (23)
京王線 (4)
8000系 (3)
小田急 (1)
ロマンスカー (1)
営団地下鉄 (2)
500形 (2)
大阪市交 (2)
50系 (2)
架空の車両 (2)
鉄コレ凸型 (2)
阪神電車 (4)
富士急 (1)
その他の私鉄 (2)
旅行 (5)
バス (4)
東洋バス (1)
国鉄/JR型 (46)
485系 (16)
683系 (21)
103系 (6)
205系 (1)

カウンター

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

にほんブログ村ブログパーツ(β)

RSSリンクの表示

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。